読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やばめだけど日記(1)

――他の人はもっともっと大変だと私は思っているし、自分だけが大変だと思ったりすることは無いと思う。私は結構恵まれている方だと思う。私は割と運が良くて、人にも恵まれて親切にしてもらうことがいっぱいあってその点は正直感謝している。私は誰に聞かれてもそう言うしそう思ってる、と自分で思ってる。そんな私でさえ苦しいんだから、生きることは凡て、大変なことだと言ってる。ただ、どこかいろいろと矛盾しているようだけど、世界全体への憎しみや怒りが消えない。これは前提。

 

 先日心療内科の方の主治医に、やっぱり私はまだまだ努力が足りないんじゃないかと思うと言ったら、せんせーは、悪いけどはっきり言ってできない人はどう頑張ってもできないんだよと……。まあそうなんですね。この歳までどうしてもできなかったことを努力でどうにかするのは無理というのもわかるし、私の場合怠け者だから努力できないんだと思い込んでいたけど、そう思いつつ自分でも認めるけど小さい頃から真面目ではあって、真面目に真面目にやってると結果潰れて心身酷いことになって、結局入院。またちょっと入院を勧められた。まあ小さい子供がいるんで現実的じゃないけど。

 だから最近あんまり努力もしてなくて。努力すればできるであろう(実際はできない)はずなのに努力しないということに対して寛容な人はあんまりいないですよ。他人は別に何とも思わないかもしれないけど、影響を受ける人たちとか、家族とかにしてみればたまったもんじゃないでしょう。かなり匿名ブログっぽいのでここでは書くけど、世の中には努力していないことを隠し続け、ずっとダメな人でダメな人のままダメな人生をいくしかないのかなーと思ってました。

 私と同じ身体的な持病のある他の人は結構、注射さえしてれば普通の人と同じように生きられると言ってるから、きっと私もそうできるんだろうと思ってたけど、結局できなくて(数日前も意識を失いかけてたけど幸い保健所内だったので万一私が意識を失ったとしても子供を守ってくれるひとは大勢いた)やっぱ駄目かもとせんせーに言ったら、普段あんまりアドバイスのようなことをしてくれないせんせーが上記のように言われた。この先生はあんまり頼りにならないし、とんちんかんなことばっか言って「えっそうだったっけ? 前から? そんなこと言ったことある?」とか、私はずっと言ってたじゃん!! ってな感じで、先生の方針や言ってることが迷走したり、勘違いしたまま余計な事を言ったりしたり……大丈夫なのかなこの先生と思う時もある。しかし私がこの人は敵じゃないと思っている数少ない人の一人なので、やっぱりどこかで私はせんせーを信頼しているのかもしれない。十年くらいの付き合いだけど何故か初めからずっと私の感じ方は同じだった。

 

つづく予定。(多分)